読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京大英語1994年 google飜訳検討

google飜訳検討

京都大学 1994年前期

①偉人の生涯は感動的で面白い。②親や教師が教えることも模範を示すこともできないような、人間のすばらしい生き方、ものの考え方を伝えてくれる。③幼少の頃に偉人伝から得た感動や教訓が幾分なりとも残存していれば、大人の世界も少しは変わってくるはずだ。
 
①The life of a great man is moving and funny. 
→とくに補足は不要でしょう。文脈的にはfunnyよりinterestingのほうが良さそうですが。
②It conveys a wonderful way of living by humans and ideas of things that parents and teachers can not teach or show models.
→たぶん受験英語?的には「モノの考え方」はperspectiveとかway of thinkingを使えってことになると思うため、ideas of thingsは少し意外か。ちなみに「彼と私とではものの考え方が異なる」をgoogleにかけると”The way of thinking is different between me and him"と出た。"ways of"を重ねたくないと考えたのかと思ったが、「彼と私とでは生き方やものの考え方が異なっている」という文は、"He and I have different ways of thinking and ways of thinking."と出たため、そのあたりは気にしないのでしょうか? andとorは邦文だとともに「と」で済まされる事が多いためデータベースとして一応の結論が与えられるのは大きいか。show modelsはぱっと思いつかないかも。こういう単語レベルの表現はgoogle巧い。
③If some impression and lessons learned from great tradition at the time of childhood remain, the adult world will change a little.
→仮定法を用いるだけだが、意外に表現で苦労するか。at the time of childhoodは応用がきく表現。個人的には「大人の世界」というのがどういう意味なのかが判然としないため、これを抽象概念にもっていったあと英語に落とし込むのはかなり悩ましいと思ったが、意外にもあっさりとadult worldとしてしまった。こういうのはnativeがどう考えるのかが気になる。