読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸方面をdisってるようなdisってないような雑感(少し長い)

右にせよ左にせよ、自分の政治信条を押し付けて説得させることが第一義にある者同士の議論が止揚として前進することはそうそうないだろう
・結局自分の政治信条を構成するに至るまでに自分が費やした時間などの労力に価値を見出したいという欲求から、わざわざポリシーを大きく崩すことはしたくないという意識がどうしても拭えない人は多い(私とてそうだ)。誰しも自分が費やした労力がまるで無駄だったなどという評価は自分に対しても突きつけたくないものであり、しかし同時にそれを他人に突きつけることはあまりに容易い
 
・私自身は極めて無学で無教養な人間であるから、政治的なことについてほとんど語り得ぬものであるが(衒学的になるのも悪くはない)、やはり一般名詞だけでディテール的な政治を語るのは愚かとの誹りを免れ得ない
・「自分にストイックであること」と「ストイック至上主義を絶対正義として他人に押し付ける」ことはまるで違う。前者を自分の中だけで完結しうる行動に対する自信につなげるのは寧ろ素晴らしいことである。しかし自分は苦しんだ末に成功を収めたという武勇伝は客観的な評価に照らし合わせて考えられるべき心情や思想、知見の正しさをも担保するのだというような考え方はかなり危険である 
・すこし脇道にそれるが、「失敗」の原因を自己に追求するのは勝手だが「成功」の原因までも自己の内部に完全に追及しきれると考えることはまずい。勿論努力は大事だが、成功したという結果論だけで他人にとっては十分である。
・私は何も実績や結果を、その人のある知見への評価において全く考慮されるべきでないと言うのではない。しかしある知見を評価するのは発信者本人ではなく、あくまで受けてである。
・そして受け手はあくまでも客観的な評価材料の一つとして発信者の実績や経歴を参照することがあるべきであって、(勿論「◯◯という経歴だから信頼できる/できない」とするのは危ないことだ)発信者側からわざわざ受信者の内面にまで踏み入るように「俺は◯◯を成功したんだから言っていることは正しいと信じるべきだ」などと言ってくるようなことは、在ってはならない傲慢な禁忌的行為である。
叩くことが気持ちいいと言う人はかなり多い。自分自身嘗てある団体をネット上で猛バッシングする集団の一員だった経験から言えば、言論で第三者を袋叩きにしているときの意識状態は明らかにシラフのときと異なり、殆ど麻薬的な魅力がついて離れないものである。
・風刺と言うのは極めて知的に高度なセンスを要求されるし、巧みな風刺は確かに存在するが、社会を風刺してあまつさえ承認欲求を満たしたいということを第一義に考えて政治あるいは社会を見るような態度は、これ又危険である
・何れにせよ、「結論ありきの議論に結実は乏しい」のだ。
自分が言っていることの本質的な正しさに対する自信を、盾にするように礼節を欠いた態度や挑発的な発言をする者は、長期的な視点で見て知的水準の低い発信者であるとみなされるべきだ。
・「挑発的な態度」を取らないように発言する最も簡単なコツの一つは「反語を使わない」ことだ
・「◯◯だと思う」という結びは幼稚さを感じさせる。
・「◯◯ですよねwww」「そうですよねww」という共感は(右にも左にも散見されるが)往々にして自分の心情と合致する仲間を見つけて感情を増幅させるだけで生産性は低い。

京大英語1995年 google飜訳検討

1995年 前期

(1)①茶室の窓はヨーロッパ的な意味の窓とは根本的に異なっている。②それは窓を見るためではなく、外の気配を感じ取るためにある。③我々はそこに映る樹木の影が揺れるのを見て外の風を感じ取り、この影が薄くなるのを見て日没を感じとる。④茶室の窓は外の光を抑制して内部に入れることを役割としているのである。
 
①The window of the tea room is fundamentally different from the window of European meaning.
→「茶室」:tea room 「根本的に」:fundamentally 構文は簡単だが、「ヨーロッパ的な意味」を、受験生が硬く考えずにさっとEuropean meaningとするのは難しいか。
②It is not to see the window but to sense the outside sign.
→not butの構文を用いている点は問題ないでしょう。「感じ取る」:sense  気になったのは「外の気配」:outside sign signという単語をこの文脈で用いる点はやや違和感を感じた。英辞郎の"sign"の項には、「〔あるものの存在を示す〕しるし」という意味が掲載されているが、「気配」の意味から考える場合"odor"(〔状況を特色づける〕気味、気配)の方が近い印象を受けた。第3文にある「外の風を感じ取る」は「存在を示す」と言ってよいが、「日没を感じ取る」を「存在」とは言い難い。
③We see the trees shadow shake there and feel the wind outside, feel the sunset by seeing this shadow becomes thin.
→構文や語彙は難しくないが、意外に書きにくいのが第3文。前半では A and B,広範ではD by Cingの形。
④The window of the tea room plays the role of suppressing outside light and putting it inside.
→「役割を果たす」:play the role of「抑制する」:suppress  「内部に入れる」:put it inside
 
(2)①テレビと比べて、本はつつましやかですが、それだけに子供にとってはわがままな対しかたが可能です。②気に入った本をいつまでも見られるし、ページを勝手にくることもできます。③そのうえ、大好きなひとに読んでもらうという楽しみさえあります。
 
①Compared with television, the book is amazing, but it is possible for a child to have a selfish way of facing.
→amazingは無いでしょう...とおもうが、しかしテレビと比べて本がつつましいという日本文を、単に「慎ましい」という日本語から、humbleのような語彙を当てはめても文脈として当たらない。日本語としていい開いて「テレビと比べて、本は視覚的な刺激が弱い」として、"Compared to television, the visual stimulus is weak in the book."とするほうが良いと考える。正直この訳は日本文を書いた作者に聞くか、該当文を含む書籍全体を読んで文脈を把握しないと正確には訳せないと思う。単に「刺激が弱い」だけでも良いかと思ったが、「本を読むことに寄る内面的な刺激は、テレビのそれより大きい」という言外のニュアンスが、設問分からのみでも感じ取ることは可能なので、物理的刺激に限定した。
「対し方」は流石に訳に突っ込みにくいと思ったのでこちらで予め「向き合い方」と変更して飜訳をかけた。
②You can see the book you like forever and turn pages off without permission.
→「気に入った本」:book you like 「勝手に」:without permission 
③Besides that, in the book of paper, there is pleasure to have a favorite person read it.
→文脈を考慮して、「紙の本には」という日本文を追加して飜訳にかけた。have a favorite person read it.という使役部分が採点では重視されると思われる。
 
余談だが、googleに「つつましやか」と入力すると「つつましやか シャロ」が検索候補に出てきて涙を禁じ得ない。

京大英語1994年 google飜訳検討

google飜訳検討

京都大学 1994年前期

①偉人の生涯は感動的で面白い。②親や教師が教えることも模範を示すこともできないような、人間のすばらしい生き方、ものの考え方を伝えてくれる。③幼少の頃に偉人伝から得た感動や教訓が幾分なりとも残存していれば、大人の世界も少しは変わってくるはずだ。
 
①The life of a great man is moving and funny. 
→とくに補足は不要でしょう。文脈的にはfunnyよりinterestingのほうが良さそうですが。
②It conveys a wonderful way of living by humans and ideas of things that parents and teachers can not teach or show models.
→たぶん受験英語?的には「モノの考え方」はperspectiveとかway of thinkingを使えってことになると思うため、ideas of thingsは少し意外か。ちなみに「彼と私とではものの考え方が異なる」をgoogleにかけると”The way of thinking is different between me and him"と出た。"ways of"を重ねたくないと考えたのかと思ったが、「彼と私とでは生き方やものの考え方が異なっている」という文は、"He and I have different ways of thinking and ways of thinking."と出たため、そのあたりは気にしないのでしょうか? andとorは邦文だとともに「と」で済まされる事が多いためデータベースとして一応の結論が与えられるのは大きいか。show modelsはぱっと思いつかないかも。こういう単語レベルの表現はgoogle巧い。
③If some impression and lessons learned from great tradition at the time of childhood remain, the adult world will change a little.
→仮定法を用いるだけだが、意外に表現で苦労するか。at the time of childhoodは応用がきく表現。個人的には「大人の世界」というのがどういう意味なのかが判然としないため、これを抽象概念にもっていったあと英語に落とし込むのはかなり悩ましいと思ったが、意外にもあっさりとadult worldとしてしまった。こういうのはnativeがどう考えるのかが気になる。